運動

イソフラボンサプリの健康効果~ボンボン実感できる効果~

美容と健康を得る大豆の力

さぷり

安全性をどう理解させるか

イソフラボンは、大豆の胚芽に多く含まれている成分で、特に美容と健康を保つ効果があるとして、女性たちに支持されています。しかしその一方で、過剰な摂取が乳がんを引き起こすなどと報道されたこともあり、どの程度の摂取が過剰となるのかを、科学的な根拠とともに提示し、その安全性をいかに告知するのかが今後の課題となっています。ちなみに食品安全委員会では、1日の安全な摂取量の上限を70〜75mgとした上で、食品以外による摂取量を30mgと定めましたが、これは、1日150mgの摂取で健康被害の例があったことをふまえ、その半分の量が妥当だと判断したためです。ちなみに、食品による1日の摂取量は、日本人で16〜22mg程度と言われ、これが日本における平均摂取量となっています。

女性の大きな味方

イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと同じような作用があるとされています。エストロゲンは加齢とともに衰えていくものなので、美しさや若々しさを保ちたい女性におすすめの成分です。また、細胞にダメージを与える活性酸素を抑制する効果もあり、更年期障害に悩む女性にもおすすめできる理由のひとつとなっています。イソフラボンのその他の効用としては、骨粗鬆症の予防や改善、ホルモン依存型のガン防止、生活習慣病の予防やコラーゲン増加による美肌作用などが期待されていますが、サプリメントでの摂取の際には、「アグリコン型」のイソフラボンが配合されているものがおすすめです。また、過剰摂取が気になる場合は、あくまで味噌汁や納豆などの食品を中心に摂取するという方法もおすすめです。